保育士不足の原因と、改善策は?

保育士不足の原因と、改善策は?

最近では、保育園に入所したくても入所できない、待機児童に関する内容が取り上げられています。子供のいない人でも、一度はこうした話題を耳にした事があるでしょう。この原因の一つに、保育士さんの不足があげられていますが、これはどうして起きているのでしょうか。 保育士の不足は様々な原因によって起きています。賃金や働き方の問題等の他にも、保育士さんの再就職や、自治体の支援の差等、仕事そのものだけではない問題も複雑に絡み合っています。

保育士の資格を取得している人の中には、保育科を卒業したのに別の仕事についている人や、元々保育士だったが、現在では別の仕事をしている人、主婦として生活している人が多いと言われています。こうした人達の中には、本当は保育士の仕事に復帰したいけど、うまくいかない人もいるのです。

この現状を改善すべく、国や自治体、保育園や保育所では保育士の資格を持つ人の再就職支援を行っています。子保育士の資格を持っている人に子供がいる場合、保育園や保育所で働く事で、優先的に自分の子供を保育園に預ける事が出来るという支援です。これにより、多くの保育士さんが保育の仕事に復帰しています。この他にもたくさんの支援が行われており、国全体で保育士さんの確保が進められているのです。