保育所不足は改善されているの?

保育所不足は改善されているの?

保育士の不足と共に取り上げられているのが、保育所の不足問題です。ニュースでも取り上げられた事があるので、聞いた事がある人も多いでしょう。保護者の方達にとって、深刻なニュースでもあります。 一口に保育園と言っても、色々な形態の保育園があります。国や自治体の基準を満たした認可保育園や、国の基準を満たしていないが、色々な取り組みを行っている無認可保育園、保育園と幼稚園の機能を併せ持ったこども園等、保育をしてくれる施設はたくさんあるのです。

保育園不足で取り上げられているのが、国の基準を満たした認可保育園です。認可保育園は国の助成を受ける事が出来る為、保育料が他よりも安いのが特徴ですが、国の基準を満たす為にはとても広いスペースが必要になる為、新しい施設を作るのが難しくなっているのです。また、保護者の働く時間に合った保育所がない、自治体の支援が難しい関係で保育園自体がないという場合もあり、保育所不足の問題は様々な原因が絡み合った問題でもあるのです。

最近ではこの状況を改善すべく、国や自治体が保育所を作る際の支援を行っています。賃貸や国の保有地を活用した保育所の整備や、認可保育園を目指す無認可保育園に対する支援、施設や会社の中に保育施設を作る際の支援等、様々な支援を行っています。また、これと並行して保育士に対する支援も行う事により、一つの保育園で預かる事が出来る園児の数を増やす取り組みも行われているのです。 保育所の不足は少し不安を感じる問題ではありますが、国や自治体、保育所は積極的にこの問題の改善に取り組んでいる事が分かります。